ココナッツオイルが好きな人が集まるサイト♪

TOP > ココウェル プレミアムココナッツオイル 500ml

ココウェル プレミアムココナッツオイル 500ml

ココナッツの乾燥果肉(コプラ)から搾取したクッキング用オイル。

中性脂肪になりにくく、酸化安定性が非常に高い健康オイルです。

特長 体内でケトン体に変換される天然の中鎖脂肪酸を豊富に含んでいます。

一般の植物油と比較して消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくい性質があります。

また一般の植物油は比較的酸化に弱く、酸化防止剤等を使用するものも多くありますが、 ココナッツオイルは酸化安定性が非常に高い為、酸化防止剤を使用していません。

酸化した油を摂取すると様々な疾病の原因になると考えられていることもあり、健康に良い油といえます。

また血中の悪玉コレステロールを上昇させ、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクがあるといわれる トランス脂肪酸(TFA)を全く含みません。

1960年代より未熟児や病中病後の患者の栄養補給としても利用されています。

使用方法 無色無臭なので、様々な料理にご利用いただけます。

炒め物や揚げ物等、加熱による油酸化が気になる料理に特に適しています。

揚げ物に使うといつまでもサクッと軽く、べとべとしません。

酸化に強いので、揚げ油として繰り返し使用できます。

低温で固形化する為、ドレッシング等の低温料理には不向きです。

原材料名 食用やし油 原産国 フィリピン ご使用上の注意事項 ココナッツオイルは約25℃以上の環境下では液体ですが、約20℃を下回ると固形化します。

固形化している場合はスプーン等でオイルを削り取って使用します。

清潔な容器に移し替えてご使用ください。

冬季は固形化しますので、広口容器をお勧めいたします。

水や異物が混入するとカビ等の原因となりますのでご注意ください。

またスプーンで掬い取る際は清潔なものをご使用願います。

1)名称:プレミアムココナッツオイル 2)原材料名:食用やし油 3)内容量:500ml 4)賞味期限:ラベルに記載 5)保存方法:常温保存 6)原産国名:フィリピン 7)輸入者:株式会社ココウェル 大阪府大阪市都島区綱島町1-10 8)販売者:株式会社医道の日本社  神奈川県横須賀市ココナッツオイルには合成ではない天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

中性脂肪になりにくく、エネルギー代謝を活発にします。

母乳にも含まれる中鎖脂肪酸 ココナッツオイルの中に多く含まれる「中鎖脂肪酸」は、近頃日本でも頻繁に耳にするようになりました。

健康志向の高まりの中、オイルも体にいいものが求められ、中でも中鎖脂肪酸が注目されるようになりました。

中鎖脂肪酸とは、母乳や牛乳などの脂肪分にも3〜5%含まれる天然成分で、1960年代から未熟児の栄養補給など医療用途にも活用されてきました。

最近では、そのエネルギーになりやすい代謝システムがダイエット中の方やスポーツ選手・病中病後の方の栄養補給にも利用されております。

消化吸収が4倍、代謝は10倍!だから脂肪になりにくい! オイル(脂肪)は体内に摂取すると、エネルギーとして燃焼されるか、中性脂肪として体内に蓄積されます。

一般の植物油に多く含まれる「長鎖脂肪酸」は、体に吸収された後、リンパ管、静脈を通って脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ、分解・貯蔵しますが、「中鎖脂肪酸」は分子がより短いため近道をし、肝臓に通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれ、効率よく分解・燃焼されます。

一般のオイルと比べてココナッツオイルが優れているのはこの「エネルギーとして燃焼」される効率がとても良い点です。

長鎖脂肪酸と比べて消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。

そのため欧米ではダイエット素材・健康素材として急速に普及しています。

酸化安定性が高く熱に強いココナッツオイル。

それはココナッツオイルが植物性油脂には珍しく飽和脂肪酸を多く含んでいるからです。

ココナッツオイルは90%以上が飽和脂肪酸です 油脂の成分は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれますが、飽和脂肪酸は酸化に強く、不飽和脂肪酸は酸化に弱い性質を持っています。

一般的に料理に利用されるオイル(油脂)の脂肪酸組成は以下のようになっています。

ほとんどの植物油や魚の油は不飽和脂肪酸が大部分ですが、ヤシ油(ココナッツオイル)は90%以上が飽和脂肪酸で非常に安定したオイルです プレミアムココナッツオイルには、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクがあると言われるトランス脂肪酸(TFA)を全く含みません。

トランス脂肪酸は、水素添加された硬化油や精製植物油、加工油脂などで発生します。

デンマークでは2004年に工業用トランス脂肪酸を脂肪の2%以内にする法律を施行したり、アメリカ・カナダでも表示義務が課され、カリフォルニア州では飲食店などでトランス脂肪酸(TFA)を全面規制する州法が成立するなど、世界で規制の動きが広がっています。

日本でも、2011年になり消費者庁からトランス脂肪酸の含有量表示に関するガイドラインが発表され、セブン&アイグループがトランス脂肪酸を使った製品を排除すると発表するなど、トランス脂肪酸の摂取を抑制する動きが起こっています。

通常、オイルは熱を加えると酸化が促進され、劣化が進行します。

そのため、揚げ物をすると数回で酸化臭がし、油臭くなります。

酸化したものを摂取することは体の活性酸素を増加させ、健康にも良くありません。

しかし、プレミアムココナッツオイルは熱に非常に強く、酸化しにくいという特徴があります。

そのため、高温で調理する炒め物や揚げ物には最適のオイルと言えます。

揚げ物では非常に軽く揚がり、揚げた後もべとべとすることなくいつまでもサクッと美味しくいただけます。

また炒め物でも無味・無臭でくせもなく、使いやすいオイルです。

【関連商品】ココナッツオイルプリングはこちらをクリック

楽天で購入923円(税込み)